多様にある融資の審査基準の観点からチェックしてみると、審査もまた多様にあるということが考えられます。一口にキャッシングサービスと呼んでも、金融機関であったり大手の会社であったり、そして闇金融などあり様々です。これらのキャッシング業者をチェックした際、当然ながら審査が幾分あまい会社、通りづらい会社に、はっきり分かれるのです。まず、同時期に融資を受ける数は、3社がめどです。お金の借入れ業者が多くて三社以内で、キャッシングをしている金額が年収の三分の一以下であれば、銀行であっても審査に通る割合いは高いはずです。銀行系はたいてい利息が低く設定していますので、活用するならば金融機関系がいいでしょう。借り入れ件数がもしもお金の借入れ件数が4件を上回っている際は、銀行は難しくなるといえます。但し、2006年の貸金業規制法や出資法等の法の改正により、利息の上限が引き下げられ、金融機関では審査が難しくなってきている傾向にあるようです。銀行でも、より一層審査基準に関しては厳しくなってきているはずです。また審査項目のゆるい会社と有名なキャッシング会社でも、闇雲に申し込めばよいということでもありません。万が一、前もってその企業に当たって情報を調べずに申込みをして、審査項目に通らなかった際は、その審査項目は個人信用情報機関に記録され、信用情報機関に登録されるのは3ヶ月から6ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の個人情報が汚れてしまうこととなってしまします。汚れたからといって必ず借りられないということでもでないですが、その個人情報を閲覧する企業の審査項目には、明らかに、少なからず影響があるはずです。割に幾分甘いといわれている審査項目を行う業者でも、個人信用情報機関に記録が登録されるいることにより融資を受けられなくなる場合も発生するかもしれないのです。