自動車保険の一形態として、代理店タイプのカー保険というタイプのものがありますが、みなさん御存知ですか。代理店申込みのクルマ保険を説明すると店舗を訪れて車保険の手続きをするマイカー保険のことをいいます。それで代理店申込みの自動車保険ではどんな長所とリスクが知られているのでしょうか?代理店方式のカー保険の何よりの特長は、車保険の専門家と対話できることです。自動車保険を独断で選ぼうとした場合、保険用語が分からなかったり、どの補償が不可欠かが理解できないという事態に陥りがちです。その上、関係ある見識を得て、それから、保険を選択しようと思っても大変な勉強が必要になってしまいます。空き時間がある加入者であればそれで良い可能性もありますが仕事をしつつ用語を頭に入れることは至極ハードですしとても手間なことでしょう。とはいえ代理店方式の保険では自動車保険に対しての事前準備があろうと無かろうと担当者がアドバイスをくれることもあって事前に専門用語を覚える理由が存在しないです。かつ多様な話し合いが可能なので、確かに合った車保険を選択できる確率が高いです。逆に代理店経由のマイカー保険のボトルネックは、決まったカー保険の中でしか車保険をセレクトすることができないことと、保険料の高額さが見逃せません。店側は販売している品目を押してくるものなので、限定された車保険グループの中からマイカー保険を検討しないといけません。それゆえ、選択肢がどうしても制限されるというデメリットが存在します。プラス店舗を用いているがゆえに金額が増額されるというディスアドバンテージもあります。