自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と言い、通称自賠責保険と呼ぶものです。自賠責は通称、強制保険と言われ、クルマを定期的に定められている車検に通すときには、決められた車検の期間に有効な自賠責保険に入っている必要があります。つまり、すべての車に加入が義務づけられているものです。それでは自動車に自賠責保険が付いた状態で売りに出した時にはどうなるでしょうか。自賠責保険は車検の際に更新することが比較的あったりしますが、もしも強制保険(自賠責保険)に入っている自動車を売りに出した時は、保険料が戻ってくることはなかなかないのが普通です。なぜなら、自賠責保険を外して次のオーナーに移すことはちょっと面倒くさいのです。そのため、自賠責保険の場合は名義変更後に自動車と一緒に移すというのが基本です。しかしながらそれと同じだけの額を商品代に足してくれるのです。強制保険(自賠責保険)という保険は自動車税とは異なり既に納めた金額を月単位で割った金額が返金されるわけではなく買取額に足すといったような手法を利用するケースが一般的なのですが、これが見積シートに載るケースはほぼありません。ですから売却時は強制保険の分の金額が買取金額に含まれているかをチェックしてください。自分が払った保険料がどの程度かを頭に入れておけば大丈夫でしょう。それぞれの自賠責保険の金額に関しては契約期間によって変わってくるため注意が必要です。自動車の売却時には自賠責保険の名義変更をすることを忘れずに。この作業をしないままにしていたら、保険会社より自分宛に保険期限の満了の知らせが届くことになります。あなたの愛車がより正確に判断されお得に売却されることを応援していますね。