カードが不必要になった…そんな時にはクレジットの解約(かいやく)。わざわざ定義などいらないと思うがカートの登録解除とは読者の皆さんが保有しているまさにそのクレジットを二度と小売店などのレジで購入手続きが出来ないようにしてしまうことを言います。こちらの説明においては使わなくなったカードの使用を取りやめる段取りから解約の注意点などを徹底的にまとめてみました。このページを理解してもらえれば機能停止における疑問がスパッとぬぐいさってもらえること間違いなしです。誤解を恐れずに解説するならば、不必要なクレジットを契約解除する手段はとても楽なのです。「クレジットカードにひとたび加入手続きをしたらしたくても契約解除するのは面倒じゃないのか……」とか「 カードの解約の手続きが煩雑なんじゃないの?」というように感じてしまう会員もいるなどという噂だが 実際はカードの裏面に表記のある連絡先に電話をするとともに、クレジットカード使用中止の考えを伝えるだけで簡単に解約ができるのです(わずか3分ほどの手続きで可能)。契約する段階ではあそこまで面倒だったのに契約解除のやり取りは本当に一本の電話のみ?などと驚愕して固まってしまうに違いありません。実際に機能停止の仕方は簡単に出来るものでしょうか?もちろんである。クレカの退会のやり取りは珍しいケースを考慮に入れなければ契約解除のための書類も無用なばかりか執拗に手続きが続いてしまうようなという面倒ごとも考えられません。全くただ「持っている□□クレジットサービスを解約したいのですが・・・」などと電話口の受付係に口頭でしゃべるだけで大丈夫です。知人もかつて30枚を越えるクレジットサービスを解約するために電話し続けてきたが、一回も機能停止に揉めたような場合は普通はないのでその懸念については不安に思わないで結構です。知り合いから聞いたことによれば無効化を希望したところその都合がどういうものであるのか質問されることがあったという話を聞きましたが、しつこく追及されるのではなくサービスクオリティの調査に類するものだったとのことで、慰留されるようなことも知る限りないと聞かせてくれました。もし説明しなければいけなくなったという場合でもいつわりなく『年会費がもったいないため』や『○○社のカードサービスのお知らせを読んだらその方が使い勝手に優れていそうなため』といった意見を説明すればすぐ引き下がってくれます