プロパーカードを使えるようにすることを望むなら、希望者本人がカードを利用するに適格な年代であるという制限がございます。特例は当然ないとは言えないが普通は、18歳から定年程度の範囲の希望者が発行対象である一般則に着目すると良いでしょう。20歳未満の方は親権者の許可が条件:まずはさておき利用申請者が高校三年生にあたる18歳未満だと判断される時点にはクレカの保持は受け付けてくれないと考えて頂いた方が賢明でしょう。中学校卒業と即座に就職して、会社員として手に職をつけている青年の方も多勢いらっしゃると思いますが原付の許可証の類いと何ら変わらず、所定の年齢に達するまでの保持は困難だと考えて頂いた方が良いでしょう。18歳か19歳だという場合…読者の皆様が18歳か19歳の未成年のケースにはどんなに高収入の職業に就労しているから収入がとても高いときでも、父または母の承認を得ることが条件となるのでこのような点においても注意することが必要。ちなみに、学部生や専門学校在籍者などの学校の生徒の方に対応するため、学生カードなどと呼称されている在学生を対象とするクレカが発行されているのですからそのようなカードを申請することにするのが合理的です(学生カード以外は申込が拒否されることも)。または、自分でクレジットの利用手続きをやらなくても父親あるいは母親といったあなたのご両親が登録するプロパーカードの家族カードという他の手段を通して所有させて貰うなどということも一つの解決策であるため、何かにつけ家計簿に関するやりくりがややこしいものであると思ってしまうというならば頼み込んでみるのも試す価値のある方法と言えるでしょう。18歳であっても高校の学生はクレカを申し込めない:補足すると、在学中に18歳を迎えたことを理由にして高校に在学中の生徒はカードを基本的には作るなどということは可能であるとは言いがたいです。しかし、仕事に直結する訓練を深く学ぶ特別な4年制もしくは修了に5年以上かかる高等学校(工業高校といった学校)の条件に関しては高等教育機関の生徒でも生徒用のカードの利用を承認される状況がカードの種類によってはあり得るので必要なケースには意中のクレジットカード会社のサービスセンターで確認してみて頂きたいと思います