自分の車の査定額を上げるには、、車を売る時期、タイミングというのも関係があります。こちらからお店まで車に乗っていって買取査定をしてもらわなくてもオンラインで中古車買取専門業者に車の売値査定見積りをすれば、たいした時間も必要とせず売却額査定の概算見積りすることができますが、所有するマイカーをできるだけ高く乗り換えることを考えれば、数点の気を付けるべきことがある訳です。どんなものがあるか考えると、一番は、走行距離です。中古車にとっての走行距離は車に対する買取価格の査定において重要な目安となるもののひとつなのです。どのくらいの走行距離で手放すのがベストかという話ですが自動車の査定に差が出てくるのは5万キロという話ですからそこをオーバーするより先に、売却額査定を頼んで売ってしまうのがよい考えられます。走行距離が10000kmと90000kmでは自動車の価格は相違があります。二つ目に、車検が挙げられます。周知の通り車検をするには費用が必要ですので車検までの時間が長いほど査定額は上積みされると思えると思いますがそういったことはなく、実際車検時期は中古車の売却額査定には全然響くことはありません。このことは実際にやってみるとすごくわかってきます。車検のタイミングは売却を考える時期としてはちょうど良いということです。つまり、売却額を高くするために、車検を受けてから査定見積もりを依頼しようというのは車検代が勿体無く、あまり意味がないということになります。他にも買取業者に中古車を買い取ってもらうタイミングとしては2月と8月が狙い目です。というのも自動車買取店の決算期が3月と9月のところがほとんどだからです。例えば、1月に売ろうと考えたとしたらもうちょっと待って2月に自動車の査定見積もりをお願いして売却するのもありだと思います。自分の都合も都合もありますから、皆が皆そういったタイミングで売るわけにもいかないかもしれませんが、できるならそうした時期に手放すのが都合がいいかもしれません。